北関東への旅行をより思い出深いものにできるおすすめの体験を教えて下さい

北関東に受け継がれてきた文化や歴史に触れたい時には、名所を訪れるだけでなく、体験型のイベントに参加してみるといいですよ。豊かな自然に恵まれた北関東でおすすめの体験型イベントやワークショップをご紹介しましょう。

趣ある結城紬の機織り体験を楽しもう

茨城県結城市、栃木県小山市の名産品が、真綿から紡ぎ出す結城紬です。着心地が良く、品の良い結城紬の魅力に迫りたい時には、結城市にある体験工房・紬の里を訪問してみましょう。機織りや藍染の体験を実施していて、伝統の技を生かした素敵な品物を作ることができます。タペストリーやコースターなど実用性の高い物を作れば、旅を終えた後に、実際に自宅で使うことができますよ。

日光の名水を生かした蕎麦打ち体験をしよう

日光東照宮をはじめ、人気スポットの多い日光では、名水を生かした美味しい食べ物に出会うことができます。日光市にあるそば打ち体験道場・日光の庄では、そば打ち、うどん打ちの体験ができます。そば打ちは、香り高いそば粉に名水を加えて混ぜる「水まわし」からスタートします。こねて、伸ばして、細長く切って仕上げれば、最後は自分で打ったそばを茹でて試食する楽しみが待っています。小さな子供から大人まで、幅広い層におすすめの体験です。

笠間でクラフト体験を満喫しよう

笠間焼のふるさとである茨木県笠間市の笠間芸術の森公園には、茨城県陶芸美術館があります。公園の近くには、匠工房・笠間、KASAMAクラフトヒルズがあり、陶芸やシルバークレイアートのクラフト体験を実施しています。ロクロを回して好みの器を作ったり、素焼きの器に絵付けをしたり、自分が作ってみたい物を形にできる施設として注目を集めています。

那須烏山で和紙漉き体験に挑戦しよう

那須連山の麓にある那須烏山では、烏山和紙の産地として知られています。烏山和紙は、宮中歌会始の懐紙にも選ばれた上質な和紙です。烏山和紙会館や和紙工房・和紙の里では、手漉き体験や和紙を使った小物作りが体験できます。